その他の契約形態

専任媒介契約とは、専属専任媒介契約と同様、売り主が依頼をした場合、独占的に売却の仲介を行う契約となります。
専任媒介契約と存続専任媒介契約の大きな違いとは、専属専任媒介契約では拘束力が強く、必ず依頼した不動産会社を通して取引することが義務付けされていますが、専任媒介契約の場合には、買い主を自分で見つけることも可能で、不動産会社を通さなくても契約することができる点です。例えば、親戚や知人が買いたいと言ってきた場合には、直接交渉が可能となります。

契約最後の3つ目である一般媒介契約ですが、これは複数の不動産会社に対して、同時に家の売却について依頼をすることができる契約となります。
自分で買い主を見つけて契約することもできます。
最終的には、どの不動産会社にするか、1つに絞らなければならない為、通常、一番良い条件の売り主を紹介した不動産会社と取引をするケースが多いとされています。
専属専任媒介契約と専任媒介契約の有効期間は3ヶ月以内と定められており、一般媒介契約は法的な制限は設けられていませんが、行政の指導として3ヶ月以内となっています。

このように、売り主、または不動産会社の希望や条件によって、締結する契約を選ぶことができます。どの契約が適しているのか慎重に選択しましょう。