家を売る際の契約形態

家を売る家を売りに出す際、個人的に行う人はほとんどいないと思います。
通常、不動産売買のプロであり、有資格者である不動産会社を間に介して行われます。
家を売るという行為は人生にそう何度もある経験ではありませんので、どのように行われるのか、不安に思われる方も少なくありません。
不動産の契約には大きなお金のやりとりが行われますし、1つ間違えれば大トラブルになってしまう可能性もありますので、家を売るという行為がどういう流れで、どういう契約が必要になるのかということを知っておくと良いでしょう。
ただ不動産会社に任せるだけではなく、自分も家の売買に参加するという気持ちでいることが大切です。

契約をするにあたって、押さえておく知識の1つに、不動産契約は3種類に分かれているという点があります。不動産会社と「媒介契約」という契約を結ぶことで、不動産会社は売り主の為に家を売る努力をし、買い主を見つける仲介役をしてくれます。
媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」があり、それぞれにメリットがあり、デメリットもあります。どういう契約内容なのか、自分に適した契約とは何かを知ることで、適切な方法を選択することが可能になります。
その為には、まず媒介契約について、また、各契約の内容、特徴について紹介したいと思います。これから家を売る予定がある、将来的に売りたいと思っているという方の参考にしていただければ幸いです。