媒介契約の種類とは

契約不動産会社と行う媒介契約の意味ですが、媒介契約とは、宅地建物取引業法という法律で定められた契約であり、不動産会社と売り主の間で交わされる契約の名称です。
いわゆる宅建業法と呼ばれるこの法律は、プロである不動産会社と、依頼主である売り主との間に問題が発生しないよう、仲介手数料や売却条件が定められた法律です。
プロではない売り主側の保護を目的とした意味合いの強い契約であり、媒介契約をすることで、売り主が守られることになります。

媒介契約に関して専属専任媒介契約と専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。
専属専任媒介契約とは、家を売る仲介を依頼する不動産会社を一社に絞る契約のことで、この契約をした不動産会社は独占的に販売する権利を得ます。家の価値が高い場合に不動産会社はこの契約を結びたいと希望することになります。
専属専任媒介契約を選択すると、不動産会社は契約後に、不動産指定流通機構、レインズと呼ばれる国土交通大臣が指定する不動産情報のデータベースへの登録が義務となります。これを登録することで、全国の不動産会社が売り主の売却情報を閲覧することが可能になります。ポイントは、不動産会社が独占的に行うという点です。(関連→専属専任媒介契約|不動産売却の媒介契約マスター